葬儀に参列した時のエピソード

葬儀に参列した時のエピソード

自分にとって大切な人が亡くなってしまった時は誰しも混乱し

● 39歳 女性
自分にとって大切な人が亡くなってしまった時は誰しも混乱し、落ち込んでしまうものです。
そんな中で、葬儀の準備を進めていかなくてはならないのは辛いものだと思います。実際、葬儀に参列する側としていつも感じるのは、大変な中、ちゃんと準備をするだけでなく、参列する人への心配りもきちんと出来ていて素晴らしいなということです。

尚、自分にとっても、身内であったり、お付き合いがあったりするような人が亡くなった時の葬儀の参列は、自分の心の整理をすることが出来るようです。
とても悲しくて涙が出てしまいますが、それでも、お経を聞いていると不思議と気持ちが落ち着いてきて、最後の火葬やお骨を拾うということをすると、本当にこの人は亡くなってしまったのだな、という実感が出来て、気持ちの上でひとつの区切りとなる効果があるように感じるのです。

そんな時、やっぱり冠婚葬祭は大切で、だからこそずっと続けられているのだな、と思いました。
Copyright (C)2017葬儀に参列した時のエピソード.All rights reserved.