葬儀に参列した時のエピソード

葬儀に参列した時のエピソード

お葬式ってたいてい1時間以上かかるので

● 34歳 女性
お葬式ってたいてい1時間以上かかるので、真冬の寒い時や、真夏の炎天下の葬儀に参列するとかなり大変です。
特にここ数年は猛暑なので、夏のお葬式では気分を悪くする人がけっこう多いです。

昨年の8月、ご近所の方が亡くなられたのでお葬式に行きましたが、あまりの暑さで私も気分が悪くなったんです。
お昼の1時からの葬儀だったので、外の気温は35度以上ありました。
地域の会館を使用したので、かなり狭く会場内に入れる人数は30人ほどだったので、後の人は外で待ってたんです。
一応大きな扇風機やテントはありましたが、35度の猛暑の中ではあまり意味がありません。
参列してる人のほとんどが、60歳以上の高齢者なので、真夏の猛暑日の炎天下で1時間以上いるのは相当な負担だと思います。すごく不謹慎だとは思いましたが、早く葬儀が終わってくれないかなと考えてました。
夏に葬儀を行うなら、せめて全員が入れるくらいの大きな会場でやって欲しいものです。
葬儀に参列して体調を崩してたら意味がありません。
しかも喪服って真っ黒だから、余計に熱く感じるんです。
男性はさすがに熱くてジャケットは脱いでましたが、ワイシャツは汗でびしょ濡れでした。
8月に葬儀の連絡が来ると、行くのが億劫になります。
Copyright (C)2017葬儀に参列した時のエピソード.All rights reserved.