葬儀に参列した時のエピソード

葬儀に参列した時のエピソード

冠婚葬祭においては悲しい式に参列することもあります

● 44歳 男性
冠婚葬祭においては悲しい式に参列することもあります。それが葬儀になると思います。小さい頃、何もわからずに親に連れられて参加したことがありました。
その時は悲しいということはわかりませんでした。

でも大人が笑顔もなく、泣いている人もいたのを見て、少しいつもと違うところに来たと思ったものです。

その時にもわからないままですがお焼香をした思い出があります。その後しばらく参加しなかったので、方法をすっかり忘れてしまっていました。

会社勤めをするようになると、社員の親族関係の葬儀に参列することがあります。その時に受付をすることがありました。
親族の代わりになって受付をしたので、緊張したのを覚えています。取引先の社員や、社長などが来られているのに驚いたことがあります。冠婚葬祭の出席者を見ると、その人となりや親族について分かることが多いと思ったものです。
自分自身の葬儀に果たしてどういった人が来るのかと想像してしまいました。
Copyright (C)2017葬儀に参列した時のエピソード.All rights reserved.