葬儀に参列した時のエピソード

葬儀に参列した時のエピソード

大きな会社の社長が亡くなり、盛大に葬儀が行われたことがありました

● 39歳 女性
大きな会社の社長が亡くなり、盛大に葬儀が行われたことがありました。
取引先ということもあって、我が社の社員も数名、葬儀に参列することになりました。
みんなで参列したので、葬儀マナーなどもあまり気にすることなく、気楽に参列することができてホッとしました。

滞りなく用事が済んで帰ろうとした時、事件が起きたのです。
若い女性が一人でやって来ました。
派手な雰囲気で、どうにも葬儀には似つかわしくないように見えました。
案の定、その女性はトラブルを起こしてしまったのです。
大きな声で泣き始めました。
後で周囲の人からの噂話から推察してみたところ、どうやらその女性は亡くなった社長の愛人だったようなのです。

社長には奥さんもお子さんもいるので、葬儀に愛人が参列するというのは困ります。関係者が何とかなだめて、奥さんやお子さんと鉢合わせしないように済んだのですが、ドラマのようなことが本当に起こるのだということを目の当たりにした瞬間でした。
Copyright (C)2017葬儀に参列した時のエピソード.All rights reserved.