葬儀に参列した時のエピソード

葬儀に参列した時のエピソード

葬儀に参列したエピソードとして印象深いものは

● 29歳 男性
葬儀に参列したエピソードとして印象深いものは、祖父の葬儀に参列した時のことです。
大往生となりましたので、葬儀の雰囲気自体は和やかなものでした。
どの人も精一杯生きた祖父に対して、盛大に送り出してあげようという感じでした。

しかし、私は生前の祖父には随分お世話になったので、そのような気持ちにはなれず一人悲しみにふさぎ込んでしまっていました。

しかし、そんな気持ちを持っている人は他にもいたようで、それが祖父の大親友でもあり、ビジネスパートナーでもあった人物です。
突然、大親友に先立たれてしまったショックが大きいのか、言葉にならないという感じで、祖母や子供達ですら和やかな表情で送り出しているというのに不思議なものでした。

絆の深さというものの形も色々あるようで、必ずしも家族との絆が一番深いとは限らず、場合によっては親友との絆の方が家族の絆より深いこともあるのだと思わされたエピソードです。

関連情報

Copyright (C)2017葬儀に参列した時のエピソード.All rights reserved.