葬儀に参列した時のエピソード

葬儀に参列した時のエピソード

葬儀に参加することは

● 34歳 男性
葬儀に参加することは、故人を失った悲しみが倍増してしまうので、極力遠慮したいことではあるのですが、近親者が亡くなった時には悲しみをこらえて参加せざるを得ません。
数年前、伯父さんが亡くなった際に葬式に参加したのですが、その時に起こったことが今でも鮮明に思い出されます。葬式が順調に予定通り進んでいく中で、伯父さんの奥さんのスピーチの時間がありました。
そのスピーチは、普段から奥さんはあまり話が得意でないためか、かなり不可解な内容となっていました。

私は、それは仕方がないと思って聞いていたのですが、どこかから「わけわからんから早く終われ」という心無い罵声が出ました。
私はそれを聞いて、「黙れ」と大声で怒鳴ってしまいました。
我慢できないほど怒りを感じてしまい、とっさに出てしまった言葉でした。

結局罵声を出した人は判明しませんでしたが、遺族の方々への配慮をもっとすべきで、こんなことはもうあってほしくないと考えます。
Copyright (C)2017葬儀に参列した時のエピソード.All rights reserved.